終活ことはじめ「エンディングノート」

アドバイザー
岩野 優子

所属アドバイザーの岩野は、自身も親の介護に現在進行形で向き合いながら、独立系金融アドバイザー(IFA)として、また相続アドバイザーとして、活躍しています。

実際に老親のシニアライフを近くでサポートしているだけに、お客様に寄り添ったアドバイスができるのが強みです。

終活を始めるにあたり、何をはじめたらいい?

それはエンディングノートの作成です。

人生を振り返りながら、ご自身のたな卸しをするのです。

このエンディングノートの作成につきましても、岩野がサポートいたしますので、お気軽にご相談いただければと思います。

前の記事

生前整理について